有限会社水谷水産
会社案内 水谷水産のこだわり 熊野灘を知る お魚のお話 通信販売 お問い合わせ・アクセス
TOPへ戻る
お電話は0597-89-5139





熊野灘を知る
黒潮の流れと豊かな自然環境がつくる良質な漁場、そしてリアス式海岸を利用した養殖に最適な地形
港風景
山風景
入り江風景
入り江風景
黒潮の流れが導く様々な魚たち
熊野灘は、黒潮の流れ込む良質な漁場として古くから知られていました。
温暖な黒潮に乗って回遊するカツオ・マグロなどの大型回遊魚から、アジ・サバ・イワシなど小型の魚まで、暖流系の魚が集まります。また、冬には北から南下するサンマやブリも捕れ、多彩な魚種を形成しています。さらに、大小たくさんの島々が点在し岩礁が多く、ムツ・イサキなど根付き魚や、イセエビ・アワビ・天草類が豊富に育ちます。

豊かな自然が海に栄養をそそぎ込む
この豊かな海をつくり出す要因の一つが、海岸のすぐ近くまで山が迫る地形と、温暖多雨な気候です。連なる山々に降り注いだ多くの雨は、豊富な養分を含む渓流をつくります。その栄養豊富な流れが海へそそぐことで、大小様々な魚が集まる豊かな海を育んでいます。豊かな自然が今も残る、熊野ならではの地形と気候が、美味しい魚を生みだしているのです。

リアス式海岸の穏やかな入り江
沿岸は複雑に入り組むリアス式海岸が長く続き、熊野灘の荒波をさえぎってくれる入り江が多く存在します。そのため波が低く、漁港として最適な環境を備えています。これは養殖にも適した環境で、真鯛・ハマチ・トラフグなどの養殖が盛んに行われています。

量より質の漁法
この地方では、釣りや定置網といった、比較的魚が傷つきにくい方法での漁が広く行われています。そのため水揚げされた魚は、見た目にも美しく、また、抜群の鮮度で市場に並びます。 水揚げ量では日本一とはいえませんが、並ぶ魚の質と鮮度はどこの市場にも負けていません。


周辺観光ガイド
熊野古道 馬越峠
熊野古道 馬越峠
七里御浜
七里御浜(しちりみはま)
鬼ヶ城(おにがじょう)
鬼ヶ城(おにがじょう)
獅子巌(ししいわ)
獅子巌(ししいわ)
花窟神社(はなのいわやじんじゃ)
花窟神社(はなのいわやじんじゃ)
熊野にはいにしえの文化を今に伝える旧所名跡が、数多く残っています。中でも熊野古道は「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として、ユネスコ世界遺産にも登録されている由緒ある参詣道。この道に沿って数々の歴史的建造物や自然の景観が点在しています。 ここではその一部をご紹介。熊野へお越しの際は、その文化的魅力にも触れてみてください。水谷水産からもすぐ近くですので、美味しい魚を取り揃えてお待ちしております。

熊野古道とは?
紀伊半島南部に位置し、熊野三山(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)を詣でるため、千年以上の長きにわたり、貴族から庶民まで様々な人々が歩いた歴史を持つ参詣道です。手つかずの自然といにしえの文化が今も残り、世界でも類を見ない文化的景観が数多く存在します。

七里御浜(しちりみはま)
平坦な砂利浜が20km以上にわたって続く雄大な景観は、古くから景勝地として親しまれてきました。かつては参詣道の一部として使われ、江戸時代には防風林として黒松が植林されたことで、今でも白砂青松を絵に描いたような美しい風景が残っています。また、アカウミガメの産卵地としても有名です。

鬼ヶ城(おにがじょう)
熊野灘の波や海風に浸食されてできた海蝕洞が、地震による隆起によって階段上に約1kmも伸びる奇観です。この鬼ヶ城を境に、北はリアス式海岸、南はなだらかな砂利浜の七里御浜と風景が一変します。片道約2kmのハイキングコースには4種類、2,000本の桜が植えられ、春には熊野灘を一望できる絶好のお花見ポイントになります。
●水谷水産から車で約10分

獅子巌(ししいわ)
鬼ヶ城と同じく浸食と隆起によってできた、高さ約25m、周囲約210mの巨岩。獅子が雄大な熊野灘に向かって吼えているかのように見えることからその名で呼ばれています。熊野灘から上がる朝日を背にした姿がオススメ!
●水谷水産から車で約5分

花窟神社(はなのいわやじんじゃ)
『日本書紀』に神々の母イザナミノミコトの墓所としての記載が残る、日本最古の神社。花窟神社には社殿がなく、熊野灘に面した高さ45mもの巨岩を御神体としています。毎年2月と10月の例大祭では、約170mの大綱を、御神体から境内の松に結びつける「御綱掛け神事」が行われます。
●水谷水産から車で約2分
 
-- Page Top --
 

リンク